検索:


2013年04月13日

小2男児が誤って川に転落 石神井川 板橋・加賀

石神井川は、両岸をコンクリートで固められた放水路です。
台風などで大雨が降った日などは、かなりの水量になりますが、
通常は50センチ程度の水量で、コンクリートがむき出しです。

事故のあった遊歩道には桜が植えられ、
お花見シーズンには賑わいます。

残念な事故です。


ご冥福をお祈りします。


4月13日午後4時半ごろ、東京都板橋区加賀の遊歩道から、
近くに住む小学2年の男児が約10メートル下の石神井川に転落した。

男児は病院に運ばれたが、頭などを強く打ち、約2時間後に死亡した。



警視庁板橋署によると、男児は川沿いの遊歩道にある
高さ約1メートルのフェンスに登って川をのぞき込んで
いたところ、誤って転落したとみられる。


現場近くで友人とサッカーをして遊んでいたが、
ボールが川に落ちたため探していたという。
石神井川 02142010.JPG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64868055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック